中古の格安スマホを選ぶ場合のポイント

subpage1

スマートフォンは新機種が出るたびにスペックが向上しており、それは格安スマホでも同じことです。

格安スマホ関連情報を紹介しています。

そして、スマホユーザーの中には、常に最新機種を持ちたいという人が少なからず存在するため、大量の中古スマホが市場に出回っています。では、格安スマホを中古で購入しようとする場合、どこをチェックすれば値段とスペックが見合ったものを選ぶことができるでしょうか。

まずポイントは、搭載されているOSのバージョンです。これが、三世代、四世代前のOSということになると、いろいろな問題が起こります。たとえば、人気のアプリをインストールすることができない可能性があるといったことです。アプリはOSの機能を利用して動作しますが、最新のアプリは古いOSには存在しない機能を使おうとすることがあります。

その場合はサポートしていないOSと判断され、インストールそのものができないというわけです。

次に本体に保存できる容量をチェックしましょう。


スマートフォンのアプリは差し込んだフラッシュメモリにインストールできるものと、本体の保存領域にしかインストールできないものがあります。



容量が少ない格安スマホの場合、好きなアプリをインストールしたいだけ入れることができず、インストールを諦めないといけないものが出てきてしまいます。



そのため、容量はできるだけ多い方がいいのです。

既に格安SIMを持っている場合は、差し込めるSIMのタイプを必ず確認しましょう。

基本的に、手持ちのSIMよりも小さなSIMしか差し込めないものは候補対象外とすべきです。