事故後に現れる症状

むち打ち

「むちうち」は交通事故等の追突など急激な外力がくわわった際に頚椎損傷を起こした状態のことを言います。
「むちうち」の正式名は〔頸椎捻挫〕で、簡単に言えば首の捻挫です。
捻挫は靭帯の損傷や炎症ですから、理屈の上では一ヶ月もすれば靱帯損傷、炎症が修復されれば痛みが取れるはずのものです。
しかし、この疾患は後遺症を伴い易く、その内容は「首が痛い」から始まり「気分が悪い」「肩が凝る」「腕がしびれる」「背中が痛い」「頭痛がある」等、様々です。
むちうち症が引き起こす後遺症の殆どは、本来の「頸椎捻挫」だけの症状では説明がつきません。
頸椎損傷はもちろんですが他の場所も「問題あり」と考えるのが普通です。

施術について

当院はPNF筋整復法・緩消法と言う手技療法を使っています。両手技ともエビデンス(科学的証明)のある施術法です。安心して施術をお受け下さい。
むち打ち症では多くの方が「首・肩・背中」に症状が集中する為、そこを中心に治療しているが1ヶ月以上たっても
「痛み・コリ・しびれがとれない」「治療後は良いが翌日には・・・」「頭痛の為、薬が手放せない」「事故後、数年たっているが後遺症で悩んでいる」等、「もう治らないのでは・・・」と諦めかけている方も多く見受けられま
す。
あなたの「悩みの根源」は本当に「首、肩、背中」等に出ている場所だけなのでしょうか?
もちろん首まわりなどは常に痛みや違和感をお持ちでしょうが、痛む場所がいろいろと移動していませんか?
他にも腕や手首、腰や足、顎(あご)等、違和感などありませんか?本当の原因は「考えもしない所・・・?」に有るかもしれません!!
当院では 筋肉と神経の伝達を調整することにより「痛む場所」だけではなく全体のバランスを整える特殊整体術を行っています。
整体術といっても「ボキバキ」など強い力での矯正は決して致しません。まずは「体験」して頂き、違いを感じて下さい。

首・肩の痛み

事故後に現れる症状の説明をここに記載します。
一般的な内容ではなく、事故後の特徴的な症状を記載することで、「交通事故治療」の情報を求めているサイト訪問者に刺さるコンテンツにすることができます。下記はサンプルテキストです。
むちうちとは、交通事故などで首に不自然な強い力がかかったことによる首の捻挫です。衝撃を受けた時に、ちょうど鞭がしなるように首が動くので、むちうちと呼ばれています。診断名としては、頸椎捻挫や外傷性頚部症候群などと呼ばれます。
事故直後はあまり痛みを自覚していなくても、後になってから痛みが出てきたというのもよくあることです。
首の痛みだけではなく、手先がしびれたりめまいが生じたりということもあります。

追加情報

交通事故治療のワードで訪問してきた患者が欲しがっていると想像できるコンテンツをここに追加していきます。
例えば、自宅でできる応急処置の方法や、完治までのおおよその期間、代表的な治療方法をコンテンツとして用意すると 訪問者が長くサイトに留まることになり、サイト自体の評価が上がりやすくなります。

交通事故に遭ってしまったら、
まずは
ご相談ください!

東整骨院は交通事故治療の経験が豊富です。
治療のことだけではなく、示談や自賠責の仕組みについても経験と実績がございますので、
まずはご相談ください。治療法も含めて親身にお話をお伺いします。
電話
メールでのお問い合わせ
LINEで相談
営業時間:午前 09:00~12:00/午後 15:30~21:00  定休日:木・日曜日・祝日